コンセントが不足したら増設工事を依頼!DIYでできない理由とは

コンセントが不足したら増設工事を依頼!DIYでできない理由とは

コンセントを増やす

お部屋の模様替えや新しく家電を購入した時には、コンセントが足りないということもあります。そんな時は延長コードで伸ばせばいいと思いますが、実際に伸ばしてみると見た目が悪く、タコ足配線によるリスクも少なくないです。しかも、場合によってはブレーカーが落ちるなどの不具合が発生することも考えれます。しかし、コンセント増設を依頼すれば、その問題点を全て解決することが可能です。

コンセント増設のポイント

コンセント増設には「電気工事士」という資格が必要なので、DIYで工事するのはNGです。そのため、コンセント増設する必要がある時には、あらかじめ業者を雇っておきましょう。また、業者に依頼するときは、複数の業者から見積りをとっておくようにしておいてください。コンセント増設といえども、業者によってサービスや工事の品質、アフターサービスが異なります。複数の見積もりを見比べた後、きちんと信頼できる業者にお願いしましょう。

コスト削減なら新電力を導入する

コンセント増設に伴い、電気料金が気になるところでしょう。コンセント一つ増やしたからといって、電気料金がそれほど変わることはありません。しかし、長期的に見ると電気料金に大きな差が生まれます。そのため、最近では新電力を利用するご家庭も多いのです。新電力は地域電力会社と比べて、電気料金の基本料金が安く、導入することも簡単です。しかも、新電力は今後とも活躍が見込めるので、光熱費を削減するだけでなく、サービスにも期待できるでしょう。

新電力のメリット

  • 電気料金が削減できる
  • 電力供給が安定している
  • 切り替えの費用負担がない
  • ポイント連動などの付加価値がある

広告募集中